葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べる

0
2017年12月8日

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。
妊娠後、早めにこれらの食材を摂取することによって、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという話があります。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを推奨します。
妊活なんて聞くと、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが発売している葉酸サプリです。
ピジョンが発売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分がまとめられています。
複数のサプリを飲む必要が無いので、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。
ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。
母子ともに健康な体でいるためにも、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにしてください。
さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。
これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると大変だと思います。
サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性側に原因があることとが考えられます。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。
きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女ともに検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって大変重要な栄養素の一つです。
それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。
葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。
ですから、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天異常を発症する可能性があると知られています。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番興味あるみたいです。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思う今日このごろです。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。
ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。
実際にはそんなことはありません。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の処方を受けると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
よく読まれてるサイト⇒妊活にとって葉酸効果は大切です

男性側にも実践していただきたい妊活があります。

0
2017年12月8日

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。
でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。
葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。
それは不妊治療にも効果を表し、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすくなるというわけです。
また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊治療に役立つのです。
妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。
葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆や枝豆、ホタテもそうです。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しい方は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。
サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくる方が多いです。
そんな不安を解消してくれるのがサプリによる葉酸の補給です。
普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、食事での葉酸摂取に不安がある方も大丈夫なんですよね。
葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。
ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。
また、葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。
具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をお勧めします。
葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと知られていますね。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。
簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いですね。
妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大切だと思います。
卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、不健全な食習慣の下では活発な卵子・精子は望めません。
妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、健康的な食生活を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。
なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
基礎体温表をつけていくとその変化で、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」というお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。
妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。
普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りません。
ですのでサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも売っていますから、こうしたサプリを選べば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居るのではないでしょうか。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。
購入はこちら⇒葉酸を多く含む食べ物は妊婦が摂取すべきです

極力安静に生活を送ってください。

0
2017年12月6日

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
参考にしたサイト⇒茶色の歯磨き粉で歯のケアを行います

インプラントの歯根部はチタン製が主流

0
2017年12月6日

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。
費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。
おすすめサイト⇒歯 クリーニング 自宅

0
2017年12月4日

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。
費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。
普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。
よく読まれてるサイト⇒自宅のホワイトニングのランキングサイトを作成

原則的には一生持つ

0
2017年11月2日

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。
人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
あわせて読むとおすすめ⇒タバコを吸うと歯の黄ばみに悩む

高額の治療費

0
2017年10月19日

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。
この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。
一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
こちらもおすすめ⇒人気の歯磨き粉で白い歯になろう

人工歯を装着

0
2017年10月13日

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。
しかし、難点もあるということに気を付けてください。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできる状況になっています。
例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
管理人のお世話になってるサイト⇒ホワイトニングジェルで自宅で歯の手入れができます

選りすぐりのインプラント専門の歯科医

0
2017年10月6日

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。
様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。
日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
PRサイト:歯についたステインは汚れの事

インプラント埋入手術

0
2017年10月6日

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。
よく読まれてるサイト:汚れを取る為には歯磨き粉を使って歯を磨きます